会社設立の手続き

会社設立の手続きには時間はかからない

会社設立をするためにはいくつかの手続きを行わなければなりませんが、手続きそのものにかかる時間は非常に短いです。

必要なものをそろえることができれば、頑張れば一日で済ませることもできます。普通の人なら長くても1週間くらいで完了させることはできるでしょう。手続きそのものは大して難しいものではありませんが、その前に決めなければならないことはたくさんあります。

会社設立をするときには色々なことを決めなければならないのですが、まず最初に決めなければならないのが会社の種類です。会社と言ってもいくつかの種類があり、それぞれで特徴があります。

出資者がたくさんいて利害関係が複雑な場合には株式会社が適しています。小規模な会社で、自分で出資して自分で経営を行うときには合同会社が適しています。他にもいろいろな会社の種類がありますから、それぞれの特徴を把握した上で、どの会社にするのかを決める事が必要です。

次に、会社に関する色々なことを決めなければなりません。これを決めるときには定款を作成しながら決めていくと良いです。

まず商号を決める事が必要です。商号とは会社名のことです。

会社名は何でも良いと考える人もいるでしょうが、実はお客さんにとってのイメージが変わりますから、非常に大事なものです。何をやっているのか分かりやすくすることも必要ですし、好感の持てるものにすることも必要です。

事業目的も定款に記載しなければなりません。事業目的は、会社が行う事業を定めたもので、定款に記載されていない事業を行うことはできません。

ですから後になって参入したい事業があるのなら、会社設立をする時点で定款に記載しておくと良いです。定款に定めたことは会社経営において大きな意味を持ちますから、時間をかけてしっかりと考えていかなければなりません。

後から変更することもできますが、その場合には費用も時間もかかります。

これらをきちんと考え、そして資本金を集めれば、手続きにはあまり時間をかけなくても会社設立をすることができます。

最終的には法務局で手続きを行って申請が受理されれば会社設立ができたことになります。

ただ、実際に営業をするためには登記簿謄本を取らなければならないのですが、登記申請をしてから登記簿謄本を取るまでには1週間くらいかかることもあります。

実際に経営を始められるのは登記簿謄本を取ることができるようになってからですから、少し時間はかかると考えておきましょう。


Copyright© 会社設立に携わり知った情報教えます、知らなきゃ損しかしませんよ会社設立に携わり知った情報教えます、知らなきゃ損しかしませんよ All Rights Reserved.