補助金制度をご存知ですか?

会社設立する際の補助金制度をご存知ですか。

会社に入り、一つの専門分野で長くやってきた人などは、その分野において独立起業を考えることもあるでしょう。

しかし、現在の安定した収入や生活を捨てて会社設立するのは、とてもリスクの高いことです。自分は良くても、家族がそれを許さない場合も多いでしょう。それもそのはずです。独立などやったことのないわけですし、成功する保証もありません。ならば現在の地位をしっかりと維持してほしいと、家族ならば思うのです。

それらいくつもの障害を克服して会社設立に至る人も多くいます。素晴らしいことです。一度行動に出てしまえば、家族も協力するしかないでしょう。いろいろな人たちの協力のもとで、会社経営を成功させてほしいものです。

さて、会社設立となると、現実的な問題が一つあります。経営を順調に運べるかどうかという前に、まずは資金の問題です。お金がなければ、経営を軌道に乗せることはできません。

なるほど、最近では自力で会社設立するマニュアル本なども多く見られますが、しかしそれは設立のマニュアルであって、経営のマニュアルではありません。設立など、誰にでもできるのです。問題は設立後に経営を安定させることなのです。

経営を安定させるための大事な要素が、会社設立当初にどれだけの資金を持っているかという点です。会社設立してから数年、少なくとも3年は赤字続きでしょう。設立前によほど多くの顧客を持って入れば話は別ですが。

結局、この3年は、売上の額を支出の額が上回ってしまうのです。そのような中でも、従業員には給与を払わなければなりません。また、自分も生活をしなければなりません。こうした、初期費用が必要なのです。

さて、これらのお金を設立前に調達する手段として、まずは銀行の融資が考えられます。本人に信用がある場合には、借入れも可能でしょう。自宅を担保に入れたり、信用保証協会も含めた誰かの保証があれば良いでしょう。または人から借りるという手段もあります。信頼関係の強い人が良いですね。親族というのが一般的です。

そして意外に忘れられているのが、補助金です。補助金とは、地方公共団体が起業家に対して与えるお金です。

返済が不要なのです。同様の趣旨のものに、助成金というのもあります。こちらも返済不要です。なお、補助金は地方公共団体の予算の都合によっては、出ない可能性もあります。
こうして、あらゆる手を尽くして開業のための資金を集めましょう。専門能力のある人ならば、時間はかかっても駅エイを成功さえることができるはずです。どれほどの時間がかかるのか未知数である以上、開業時に少しでも多くの資金を集めておくことが重要です。


Copyright© 会社設立に携わり知った情報教えます、知らなきゃ損しかしませんよ会社設立に携わり知った情報教えます、知らなきゃ損しかしませんよ All Rights Reserved.