ドメイン取得は必要か

会社設立にドメイン取得は必要かどうか

最近の会社は、たいていはウェブサイトを持っていて、そこで会社案内を行ったり、あるいは決算公告を行ったりしています。

消費者に対して情報提供をする事も多いですし、出資者や取引会社に対して情報提供することも多く、あれ場かなり便利です。

会社設立をする時点でウェブサイトを持っておけばその後も使うことができますから便利なのですが、この時にドメイン取得をするべきかどうかをよく考えるべきでしょう。

そもそもウェブサイトを持つべきなのかどうかをまず考えなければなりません。

株式会社の場合には決算公告を行わなければなりませんが、そのためにはいくつかの方法があり、その中でもっともコストが安いのがウェブサイト上での公告です。

他の方法で公告を行うよりもかなり安くなりますから、ウェブサイトを維持するための費用を考えてみても、ウェブサイトを持ったほうが良いでしょう。

合同会社では決算公告が必要ありませんから、ウェブサイトを持たなくても問題はありません。コストを抑えたいのなら持つべきではないでしょう。

ウェブサイトを持つのであれば、会社設立をした時点でドメイン取得をしておくメリットは大きいです。ドメインはインターネット上の住所のようなものですから、ずっと使い続けるべきです。

会社設立をしたときからずっと同じものを使っていればお客さんもアクセスしやすいでしょう。

ウェブサイトを持つためにはサーバの契約をしなければなりません。

自社サーバを持つことができるのなら特に問題はないのですが、そうではない場合にはレンタルサーバを利用しなければなりません。

この時にドメインを取得していなかった場合には、サーバが割り当てるものを使わなければならないのです。

もしもレンタルサーバを変えなければならないときには、別のレンタルサーバもドメインを使わなければなりませんから、結果としてアドレスが変わってしまうことになります。

こうなるとお客さんにとってはアクセスしにくい状態になるでしょう。

このようなことを考えれば、ウェブサイトを持つのであれば会社設立をする時点でドメイン取得をしておくのが良いです。

ドメイン取得のための費用はそれほど高くはありません。初年度だけなら1,000円未満のものもありますから、経営が安定するかどうか分からないようなときであっても、会社設立をしたときにとりあえず一年だけ契約をしておくと良いです。

経営がうまく行けば継続をすれば良いのです。


Copyright© 会社設立に携わり知った情報教えます、知らなきゃ損しかしませんよ会社設立に携わり知った情報教えます、知らなきゃ損しかしませんよ All Rights Reserved.